プロミスでお金を借りたい!スマホでも申し込みOK!

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の特徴

プロミス申し込み

プロミスのメリット!

即日融資を望む方!すぐにお金が必要な方!今日中にお金がいる方!それならやっぱりこのプロミスがおすすめ!初めてのキャッシング申し込みならまずはココです!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなら平日14時までにWEB契約が完了すれば当日の融資も可能!審査はもちろん24時間OK!PC・携帯・スマホからのWeb申込でスピーディーな3秒診断!契約OKならばそのまますぐにキャッシング・振込OK!
※もちろん残念ながら審査結果によっては契約できないこともあります。

また平日14時過ぎても、PC・携帯・スマホのWeb申込をて審査完了後、最寄りの自動契約機へいけばキャッシングがOK!プロミスの自動契約機は全国にたくさんあるので大丈夫。もちろん土日祝日であっても、Web申込をて審査完了後、最寄りの自動契約機へいけばキャッシングが出来ますよ!

三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスですので安心して利用できます。また学生・パート・アルバイトの方でも審査の上、利用OK。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録すれば30日無利息サービスを受けられます!銀行の引き出し手数料よりも安く利用できます!
融資可能額
1〜500万
即日融資度
評価5
実質年率
4.5%〜17.8%※サイト更新時

 

今日中にお金を借りるならプロミスですよ!

 

今日中にお金を借りたい!というあなた!だったらプロミスが最適です。プロミスは、30日間無利息で、審査は最短30分。即日融資もできます。もし、あなたがキャッシングするのがはじめてでも安心してプロミスからお金を借りることができます。主婦でもパートでもアルバイトでも安定した収入があれば、プロミスで借りることができますよ。

 

プロミスは店舗に来店する必要はありません。なので対面での申し込みも全く必要ありません!インターネットからのWeb完結での申し込みにしてしまえば、家族や親にバレる心配もなくお金を借りることができます。今日中に借りたいのであれば、プロミスの自動契約機を使ってください。 22時まで契約ができます。書類のみで在籍確認をしてもらえるので、会社へ電話連絡されることなしに審査を受けることができます。初めての人は、プロミスには30日間の無利息期間が設定されているので、借りてササッと返せるというならめちゃくちゃお得です。

 

ちなみに1,000円単位で借りることができるので、無駄に多く借りる必要もありません。プロミスの銀行口座への振込キャッシングでは三井住友銀行、ジャパンネット銀行だったら24時間瞬時、すぐにに対応してくれますよ。 土日祝日、夜中でも大丈夫です!スマホならプロミス専用アプリから必要書類を簡単に送れますので、申し込みはとっても簡単ですね!

 

>>プロミスの公式サイトはこちら!<<

 

プロミスなどに代表されるキャッシングサービスの即日審査について

 

プロミスなどに代表されるキャッシングサービスの即日審査について

プロミスなどに代表されるキャッシングサービスとは金融機関が個人に向けて小口の融資を行うサービスのことですが、まず最初に貸付の可否を決定する審査を受けなくてはなりません。中小の金融業者なら振込までに数日かかることもありますが、大手の消費者金融や1部の銀行では、利用者が初めてその業者に審査を申し込んだ、その日の内に審査が完了するよう即日審査を実施しています。全ての手続きが迅速に行われるため、急な出費にも対応出来、大変人気があります。但し、いつでもすぐ無条件で審査や融資が受けられるわけではなく、業者側にも都合がありますから、それに合わせて申し込む必要があります。

 

どういうことかと言いますと、申込者の多くはどこかしらの銀行に口座を持っていますから、当然その口座にお金を振り込んで欲しいと希望するわけですが、銀行の営業は15時までですから、即日融資を受けるためには、遅くとも14時までには審査・契約が終了していなければならないということなのです。出来れば午前中の早い時間に必要書類を揃えた上で、パソコン・スマホ・ケータイ等のネット上から申し込む必要があります。午前中から手続を始めれば、もし審査に落ちてしまっても、すぐ次の業者に申し込めますし、そうしますと信用情報機関に申し込んだというデータが残ることもありません。

 

また週末・月末・連休前・夏休み前・年末年始等は申込が殺到し、審査が遅くなる可能性がありますから、時間を作ってでも平日の午前中に審査を申し込むのがベストです。小口の融資ならそれほどでもありませんが、50万円以上の融資になりますと審査に時間がかかる可能性もありますから、時間に十分余裕を持って申し込む必要があります。キャッシングでは、年収の3分の1以上は借りられない総量規制がありますので、他社からそれ以上かそれに近い借入があったり、延滞や不払い等の金融事故を起こしたことがある場合は、まず借りられないと思ってください。但しその金額の中に、自動車ローンや住宅ローンのものは含まれていません。また他社から3社以上借りている場合、それだけで審査をクリアすることは難しくなります。計画性に欠け、返済能力がないと見なされるからです。

キャッシングに審査を申し込むためには!

キャッシングに審査を申し込むためには、20歳以上で安定した収入があることが必須条件です。20歳から何歳まで借りる資格があるのか、正社員だけでなくパートやアルバイト・派遣社員等の非正規雇用者でも借りられるのか等々は、業者によって違いますし、業者独自の基準や条件もありますので、事前の確認を十分しておく必要があります。また審査申込に必要な書類は50万円までなら、運転免許証・健康保険証・パスポート・外国人登録証等の、いずれかの身分証があればOKです。50万円以上になりますと、源泉徴収票や給与明細、自営業者でしたら確定申告書の写し等の収入証明書が必要になります。

 

初めてその業者に即日審査を申し込みたい場合は、まずネット上で申し込んだ上で電話やメール、或いは無人契約機で正式な契約をしる形にすれば、手間も時間もグンと省けますので、仕事等で忙しい人は是非この方法で申込をなさってみてください。

 

プロミスなどに代表される消費者金融の即日融資について

 

プロミスなどに代表される消費者金融の即日融資について

プロミスなどにおけるキャッシングを利用する際に即日融資を受けるためには、金利や審査の状況も含めた上で、即日融資も可能な業者を選ぶ必要があります。即日融資が可能な時間の期限・金利が高いか低いか・無利息期間はあるか・ケータイやスマホやPCからの申込が可能かどうか等、ポイントを絞って業者を探す必要があります。ただ申込者としては、即日融資を受けたい以上は契約終了で終りではなく、即日で振込キャッシングもして欲しいはずですから、振込キャッシングをしますと明記していない業者は避けるのが賢明です。即日振込に対応していなければ意味はありませんので、公式サイトを持たないような小さな業者も避けた方が良いと思います。確実に即日振込をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

また申込者は、誰でも銀行に最低1つは口座を持っていると思います。当然その銀行を振込先の口座にしているでしょう。その銀行の営業時間は15時までですから、即日振込の手続は遅くとも14時には完了していなくてはなりません。大手の業者なら大抵は広告に締切時間を明記してあるはずですが、中には明記していない業者もおります。こういった業者は、即日振込に対応してくれない可能性が高いですから、必ず締切時間を明記している業者を選ぶようにしてください。

即日融資の締め切り時間

では次に、大手の主な業者の締切時間を見ていくことにしましょう。まず最初はアコムです。アコムは電話による申込ですと、平日14時までに手続が完了すれば、即日振込が可能です。またネットや銀行・信販系の口座なら平日14:30、ゆうちょ銀行なら14:00までとなっています。楽天銀行でしたら365日24時間、年中無休で対応しています。次はモビットです。ここは平日の14:50分までに振込手続が完了していれば、即日振込可能です。平日のみ即日振込が可能だということです。

 

次はプロミスです。ここはまず平日なら14:50までにWEB契約を完了していれば、即日振込が可能です。三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座がありますと、365日24時間振込に対応してくれます。次はアイフルですが、ここは平日15:00までに手続が完了していれば、即日振込が可能です。この時間を過ぎてしまいますと、振込は翌日となります。土日祝日は対応していません。

 

先程お話しましたように、例え「即日振込可能」と明記されていても、締切時間が明記されていなければ、振込は翌日以降になることが多いと言われています。また業者によっては「審査には日にちがかかる」「審査や契約までは早いが、融資には時間がかかる」ということである場合もありますから、十分注意してください。即日融資の手続は必ず申込→審査→契約という段階を踏まなければなりませんので、申し込む時間はくれぐれも早めにして余裕を持って手続きを行ってください。希望融資額が多くなりますと、業者側の審査は慎重になり時間もかかりますから、申込時間が遅くなると、即日融資を受けられなくなる可能性がありますので、営業時間開始と同時に申し込むくらいの心積りでいるようにしましょう。申込と審査まではネットを使い、契約のときは電話或いは無人契約機を利用して契約を完了するようにすると、より迅速に手続きが終了します。

 

消費者金融でのキャッシングサービスの審査基準について

 

消費者金融でのキャッシングサービスの審査基準について

プロミスを含め、消費者金融の融資を受けるためには、まず審査を受けなければなりませんが、よく言われるのは借入履歴に関する話です。それは確かに重要なのですが、ではその他のことはどうでもよいのかと言うと、決してそんなことはありません。そこでここでは、それ以外では何を審査されるのかについて、お話していきたいと思います。

 

審査で借入履歴以外で調査されるのは、いわゆる属性です。具体的に言いますと、基本的な個人情報に属する事柄、氏名・住所・電話番号・生年月日・年齢・職業・勤務先・家族構成等です。もちろん名前だけでは何も判断出来ませんが、これだけの事柄をまとめて分析すれば、申込者の人間性がある程度判断出来るのです。ネットから申し込むと信用情報機関で瞬時に真偽が判定されますし、それ以外での申込方法でも、申込者の話しぶりや対応等の+αで判断されます。

 

まず消費者金融では子供の多い既婚者より、20〜30代で安定して収入のある独身者の方が、自由にお金が使える範囲が広いということで、返済能力があると見なされ有利になります。これが年配の人になりますと、働いていない限り貯金もないと判断され、不利になるのだそうです。子供の多い既婚者は、子供のこと等でお金に余裕がない分、不利になるということです。また電話に関しては、ケータイやスマホだけよりも、固定電話とケータイかスマホ両方あった方が、確実に連絡がつく可能性が高いとみなされるので、有利になるそうです。

 

それから、職業に関してはパートやアルバイト・派遣社員・契約社員等よりは正社員の方が、離職率が低いと判断されるので有利だとのことです。ただ非正規雇用でも勤続年数等によっては、それほど不利にならないこともあり、あくまで比較の問題であり、絶対的なことではありません。次に住所に関することでは、持ち家か賃貸かに関わらず、同じ所に長く住んでいる人の方が連絡先が確実と判断され有利になります。年中引越をしていたり、いつ引越すかわからない人には貸しづらいからです。

 

収入に関しては多ければ有利だとは言い切れず、収入が多いのに何故借りるのかと疑問を持たれる場合もあるので、場合によっては不利になるとのことです。100万以上の融資を受ける場合はさておき、収入証明書の要らない通常の融資では、いわゆる高給取りでない方が有利なのだそうです。また使用目的は生活費と申告すると、よほど生活に困っていると受け取られかねないので、レジャーや買物に使うとした方がいいそうです。返済能力を疑われる事態にもなりかねません。

 

これらの属性に関わる事項と、他社からの借入履歴があるかどうか、あるとすればどの程度かを信用情報機関に照会して、虚偽の申告でないかどうかを調査されます。そこで返済能力の有無の判断材料になるのです。また消費者金融では属性モデルと言って、過去の顧客データから申込者に1番近い属性の人をピックアップし、その人に利用状況から申込者の、未来の返済状況を予測して、利用限度額や契約の可否も判断します。ですから、もしモデルになった人の利用状況が芳しくなかった場合は、不合格になってしまうケースもあり得るそうです。ただ、その人が過去に金融事故を起こしていても、各情報機関で統一されていない場合もあるそうなので、承知しておいてください。

 

また身分証となる本人確認書類は、運転免許証やパスポートよりは、本人の収入面を推測出来る保険証、出来れば特定の組織に属している証明となる社会保険証等の方が有利だそうです。またこれは審査には直接響かないかもしれませんが、自動契約機からの申込では、カメラやモニターで監視されていますから、不審な動きをしないようにした方がよいそうです。

 
トップへ戻る