プロミスの審査で必要な提出書類とスムーズに通過するポイント

プロミスの審査で必要な提出書類とスムーズに通過するポイント

プロミスの審査で必要な提出書類とスムーズに通過するポイント

 

プロミスからお金を借りるには、以下の本人確認書類と収入証明書類の提出が必要となります。本人確認書類としては、運転免許証、パスポート、収入証明書のいずれか1つになります。収入証明書類は、確定申告書、給与明細書、源泉徴収書のいずれか1つです。確定申告書は最新のもの、給与明細書は直近2か月と1年分の賞与明細書を用意してください。ただし、プロミスからの借入額が50万円以下、プロミスと他社との借入総額が100万円以下の場合は原則収入証明書類の提出は必要ありません。

 

他社からすでにお金を借りている場合でも審査はできますが、申込状況によってはご利用頂けない場合もあります。プロミスはキャッシングサービスの老舗で、長年の審査経験から独自の与信スコアリングシステムを採用しています。業種、年収額、勤続年数、お住いの種類などの入力された個人情報をコンピュータが基準に沿って借入診断を行います。そして最短30分ですばやい審査時間を実現しています。

 

プロミスの審査をスムーズにするポイントとしては、ウソや入力ミスをしない事です。年収額を実際より高くするなど故意にウソの情報で申し込むと、もちろん審査には通りません。メールアドレスを登録するとき、”. (ピリオド)” と ”,(カンマ)” を間違えるなど、 不注意の入力ミスでも審査落ちになる可能性がありますし、、確認のため審査時間が大幅に延びる原因となります。

 

ただし、プロミスへの申し込み時に不注意によって間違った箇所があった場合でも、落ち着いてもう一度最初から申し込みをやり直しても全く問題ありません。大事なのはきちんとそれを伝えることで、確認時に必ず電話がありますから、その時にオペレーターへ申し込み時に間違ったことを伝えてください。それで全く問題はありませんから。間違った申し込みをしてしまってもきちんと訂正することによって審査に通った方は何人もいますから(^^)

 
トップへ戻る